記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

詳細記載 (6):1号機ベント排気の原子炉建屋内への逆流

(ベント・ラインについて)ベント・ラインは、チェルノブイリ事故の後、過酷事故対策として、元々あった非常用ガス処理系配管をバイパスする形で設置されたものである。圧力抑制室から非常用ガス処理系の出口部分までに新たな配管が設置された。事故により格納容器の圧力が異常に高くなって壊れるのを防ぐために、蒸気を外に逃がして圧力を下げるのが目的である。オリジナルの設計はボストン・エジソン社がピルグリム(Pilgrim)...

続きを読む

詳細記載 (5):1号機のベント(その2、ベントラインの超高線量汚染)

(1号機原子炉建屋1階の高線量)2011年5月13日に行われたロボットによる調査により、1号機原子炉建屋の1階南東部で2000mSv/h(2Sv/h)が計測された。6月4日のロボット調査では最大4000 mSv/h(4Sv/h)が計測された。その地点には地下1階の圧力抑制室からの配管が床を貫通しており、管と床の隙間から湯気が立ち上っているのがビデオ撮影された。報道によると、東電は「圧力抑制室内の水の温度は約50度あり、原子炉から漏れ...

続きを読む

詳細記載 (4):1号機のベント(その1、排気の流れと核種)

(1号機ベントの映像)3月12日14時ごろから1号機のベントが始まった。次の映像は14時すぎに1号機の東側からNHKのヘリが撮影したもので、1・2号機排気筒から白い蒸気が北西方向に横に勢いよく流れ出る様子が捉えられている(第一原発では排気筒は隣どうしの原子炉で共用している)。14:00の正門での観測では南南東の風3.5m/sだが、福島第二原発の排気筒の高さでは南の風7.0m/sだった。第一原発の排気筒も、風向は南東で少し違...

続きを読む

プロフィール

足田考人

Author:足田考人
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。