記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

詳細記載 (18):雨か雪か:3月15~16日の3号機大量放出C(その2)

(大量放出Cの期間の風向変化)前回述べたように、大量放出Cは、3月15日早朝から16日昼過ぎにかけての1日半に及んだ。その間の風向きは一定せず、まず北よりの風から時計回りに南よりの風に変わったが、その後こんどは逆時計回りで北風に戻り、北風が安定する時間帯がある。さらにその後に風向変化の激しい時期が続く。このような風向きの変化から、大量放出Cを、だいたい次のような4つの期間に分けることができる。(1) 時計...

続きを読む

詳細記載 (17):阿武隈越え:3月15~16日の3号機大量放出C(その1)

(大量放出C)3号機の大量放出Bを詳細記載(14)で検討した。14日16:30から19:30にかけての減圧時に大量の放射能が放出されたと考えられる。この時、格納容器の圧力低下は0.36MPa absで止まったのだが、その前の大量放出Aの時も同じ圧力で低下が止まっているのである。これは格納容器の圧力が0.36MPa absまで下がると蓋の密閉性が回復して、漏洩が止まったためだと解釈される。その後、格納容器の圧力は22:40から上昇に転じた...

続きを読む

詳細記載 (16): 2号機に関する定説を否定する

第一原発から北西方向に伸びる地帯など広範囲におよぶ汚染地域を形成した3月15日の大放出は、2号機から出たというのが定説化している。また、1号機の爆発の影響で2号機のブローアウト・パネルが脱落したため、2号機ではその後、建屋内に水素が充満することがなく、建屋爆発が回避された、というのも定説となっているようである。今回は、これら2号機にまつわる定説が正しくないことを論考する。(2号機オペフロは1号機と同...

続きを読む

詳細記載 (15):pk-4の正体はベント排気であること、およびキセノン135の検討

(pk-4は気体状放射能だけ)前回述べたように線量率グラフのパターンから、pk-4には残留性が無く、気体状放射能だけから成ると推定された。一例として鉾田市荒地のグラフを掲げる。pk-4と後続のピークはpk-3の残留放射能による減衰曲線の上に載っていて、ピーク通過後は元の減衰曲線に戻っており、残留性は認められない。この地点のガンマ線スペクトルを検討すると、pk-4の性格がより明確となる。次のグラフは、pk-4による線量上昇...

続きを読む

詳細記載 (14): 3号機3月14日大量放出の移動経路

(3月14日に2回の大量放出)前回考察したように、3号機の建屋爆発によって格納容器の蓋が緩み、そこから蒸気が抜けて急減圧が起こった。その後11:20に圧力の低下が止まり、11:55から上昇に転じた。そして16:30から2回目の減圧が始まり、18:40に減圧が止まった。損傷した格納容器の蓋の機密性は中の圧力によって変わり、ある程度圧力(および温度)が低下すると漏洩が止まるようである。また、単純に圧力に反応するのではなく、...

続きを読む

プロフィール

足田考人

Author:足田考人
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。